ブラックダイヤ

ブラックダイヤ
ブラックダイヤ

最近はブラックダイヤモンドがブームとなり、ジュエリーショップなどで脚光を浴びていますよね。
男女問わず気軽につけられ、また多くの有名芸能人も身につけていることから、若い人の間でも話題になっています。
購入の基準としては、まず、天然ダイヤなのか人工ダイヤなのか、ということでしょう。
次に、色味とダイヤモンドの屈折率など、普通のダイヤモンドを買うのと同じ基準で購入すれば良いと思います。
ただし天然ダイヤは数が限られているため、実際にジュエリーショップなどの店頭に並んでいるものの多くは、安価のダイヤモンドに放射線照射によるトリートメント加工をしたものや、別の物質を蒸着させてコーティング処理をしたものが流通しているようです。

ブラックダイヤって?

ブラックダイヤって?

ブラックダイヤモンドとは、本来のダイヤモンドのような無色透明な色ではなく色の付いたダイヤモンドのことで、文字通り、黒い不透明な色をしています。
厳密にいうとダイヤモンドではありませんが、マルカジットという、黄鉄鉱(パイライト)という鉱石をローズカットに研磨したものが、昔からヨーロッパなどでは「黒いダイヤ」と呼ばれているそうです。アールヌーヴォーなどのアンティーク・ジュエリーによく使用されています。


さらに、赤鉄鉱(ヘマタイト)という鉱物も、装飾品として加工される際にブラックダイヤモンドと呼ばれることもあります。
ピンクやブルーなどのカラーダイヤモンドに比べ、実はブラックダイヤモンドの価値はあまり高く評価されません。
実際、天然のブラックダイヤモンドの中で本当に美しいと評価されるものは、オーロフの黒ダイヤなど、ほんの一握りのものだけといわれています。
元々ブラックダイヤモンドは、炭素(カーボン)が多く含有されておりダイヤモンドになりきれなかったもの。いわばシミだらけのダイヤモンドなのです。
このため、今までブラックダイヤモンドのほとんどは工業用として流通されてきました。ジュエリーとして加工させるようになったのはごく最近のことなのです。

10日でブックメーカーのやり方を学ぶ


特質

ダイアモンド

これといった特質は特にないのですが、やはり黒い宝石でありながら輝きがすごいことです。
また黒のお洋服にもぴったり合うのでどんなお洋服にも合わせやすいと思います。
また地金の金属アレルギーの方もすべて石でできていますので安心ですし、金具もかなり小さいのでアレルギーが気にならないかもしれませんね。

INFO おすすめ情報