ブラックダイヤ

HOME > ダイヤモンドについて知ろう > カラーダイヤモンド

ダイヤモンドについて知ろう

カラーダイヤモンド

カラーダイヤモンド

ダイヤモンドは無色透明のものよりも、黄色みを帯びたものや褐色の場合が多いです。結晶構造の歪みや、窒素、ホウ素などの元素によって着色する場合もあります。
無色透明のものほど価値が高く、黄色や茶色など色のついたものは価値が落ちるとされていますが、ブルーやピンク、グリーンなどは稀少であり、無色のものよりも高価で取引されるそうです。
また、低級とされるイエロー・ダイヤモンドでも、綺麗な黄色(カナリー・イエローと呼ばれるものなど)であれば価値が高いです。
20世紀末頃から、内包するグラファイトなどにより黒色不透明となったブラック・ダイヤモンド(ボルツ・ダイヤモンドとも呼ばれる)がアクセサリーとして評価され、今では高級宝飾店ティファニーなどの宝飾品に使用されています。
また放射線処理により青や黒い色をつけた処理石も多いです。
最近ではアップルグリーン色のダイヤもありますが、これも高温高圧によって着色された処理石です。
また、無色の(目立った色のない)ダイヤモンドに別の物質を蒸着することでコーティング処理した、安価な処理石もあるそうです。

INFO おすすめ情報