ブラックダイヤ

HOME > ダイヤモンドについて知ろう

ダイヤモンドについて知ろう

ダイヤモンド

まずは、ダイヤモンドについて知っていただきたいと思います。
ダイヤモンド(Diamond)は、炭素の同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質となります。金剛石(こんごうせき)とも呼ぶそうです。
結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もあり、宝石や研磨剤として利用されています。また、ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通しません。
地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されるダイヤモンドは定まった形で産出されず、また角ばっているわけではありませんが、そのカットされた宝飾品の形から、菱形、トランプの絵柄(スート)、野球の内野、記号(◇)を指してダイヤモンドともいわれているのだそうです。
ダイヤモンドという名前は、ギリシア語の”adamas(征服できない、懐かない)”に由来します。
イタリア語・スペイン語では”diamante(ディヤマンテ)”、フランス語では”diamant(ディヤマン)”、ポーランド語では”diament(ディヤメント)”といいます。
ちなみにロシア語では”Диамант(ヂヤマーント)”というよりは”Алмаз(アルマース)”という方が普通だそうですが、これは特に磨かれていないダイヤモンド原石のことを指す場合があります。磨かれたものについては”Бриллиант(ブリリヤーント)”で総称されるのが普通なんだとか。
またダイヤモンドは4月の誕生石として有名です。石言葉は「永遠の絆・純潔」。

INFO おすすめ情報